新旅館業法・特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法):行政法規ノート

宿泊施設は、以前は、旅館業の営業許可のみでした。2017年、新旅館業法が成立し、特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法)と3本出揃いました。それらの解説を主に綴る。

東京都千代田区旅館業施行条例と管理人常駐。

東京都千代田区は、

旅館業法施行条例を平成28年1月1日から改正施行しています。

 

旅館業法の4営業区分(ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業)すべてで、

管理人の常駐を求めています。

 

この規定は、東京都23区それぞれで制定されている旅館業法施行条例で、

ほかではみることがないです。

千代田区の特色でもあります。

 

学びは、続く。