新旅館業法・特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法):行政法規ノート

宿泊施設は、以前は、旅館業の営業許可のみでした。2017年、新旅館業法が成立し、特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法)と3本出揃いました。それらの解説を主に綴る。

旅館業の大枠。

宿泊する場所は、ホテルや旅館などがあります。

 

これを、お役所的な規制に直すと、「旅館業の許可」。

超高級ホテルから、昭和の匂いがする下宿まで、

一時的に泊まる所は、旅館業の範囲です。

 

・ホテル

・旅館

・簡易宿所

・下宿

 

4つに区分して、規制をかけています。

守っているのは、宿泊者の安心・安全です。

 

学びは、続く。