新旅館業法・特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法):行政法規ノート

宿泊施設は、以前は、旅館業の営業許可のみでした。2017年、新旅館業法が成立し、特区民泊・住宅宿泊事業法(民泊新法)と3本出揃いました。それらの解説を主に綴る。

2016-02-07から1日間の記事一覧

ホテル・旅館・簡易宿所・下宿の違い。

旅館業法の許可区分の違いを簡単に解説。ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業は、それぞれ営業施設に対して、許可基準があります。部屋数や面積などです。