小幡邦暁の行政書士ブログ<旅館業法・民泊サービス>

旅館業法(主に簡易宿所営業の許可)・民泊サービスに関連する情報提供、地域は東京都豊島区を中心として東京都23区、小幡行政書士事務所の公式ブログ

台東区がいう旅館業(簡易宿所)の玄関帳場とは何か?

前回に引き続き、台東区旅館業法施行条例の改正点の解説です。

管理人の常駐と玄関帳場の設置が改正点になります。

 

旅館業(簡易宿所営業)許可の際に、

よくいわれる玄関帳場の設置とは、どのようなものを指すのか?

 

簡易宿所営業の場合、玄関帳場の設置は法令で定められていません。

条例により、規制がかかります。

 

台東区旅館業施行条例

宿泊しようとする者との面接に適する玄関帳場その他これに類する設備を有すること。

 

具体的な解釈として、台東区の「旅館業のてびき」には、

・玄関帳場(フロント)は、宿泊しようとする者が宿泊しようとする場合に、通過する場所に面して設けること。これにより難い場合は、必ず宿泊しようとする者を確認できる措置を講じること

・玄関帳場は、従事者が待機し、宿泊者と面接し、事務をとるのに適した広さと構造のものであること。また、宿泊者と従事者が対面できる構造とし、見通しを妨げないこと。

 とあります。

いずれも、審査基準となっております。

この2点は、クリアーしないといけません。

 

1点目からは、宿泊者がかならず玄関帳場を通る構造にする。

大掛かりな所では、ホテルが、エレベーターを乗り継ぎ、フトンロを経て、

客室に向かう構造になっているところがあります。

そのイメージです。

 

2点目からは、事務とは宿泊者名簿への記入や本人確認のことを指します。

記帳台のイメージです。

 

なお、面積基準は定められていません。

上記2点を満たせば、面積は問われません。

 

学びは、続く。

 

obataoffice.hatenablog.com